桜が咲いた〜セレッソ大阪サポーターのブログ〜

桜が咲いた ~セレッソ大阪サポーターのブログ~

長居スタジアムやアウェイでの観戦日記などセレッソ大阪に関することをボチボチ書いていきます。

桜が咲いた ~セレッソ大阪サポーターのブログ~ header image 1

覚醒の予感

2013年07月07日 · セレッソ, レビュー

ジュビロ磐田 2-2 セレッソ大阪

ジュビロは関塚監督が就任して初めてのゲーム。
こういうテンションでくるチームには苦戦するセレッソとしては、
引き分けは妥当な結果だったのかもしれない。

でも、ダメだ。
ナビスコがあったから2試合試合をこなしてるチームが、
相変わらず後手に回って前半はいいところなしだった。

ホーム浦和戦で惨敗してアウェイ浦和戦でシステム変更で臨んだ。
てっきり浦和対策の限定システムかと思ったら、
この試合でもそのままだった。

山口、扇原のダブルボランチで相手の2列目を抑える、
右サイドでエジノにポイントを作らせ、
シンプリシオを真ん中に配置しエジノ、柿谷をフォローさせる。

意図は理解出来るがそれが機能していたのは浦和戦の前半のみ。
エジノがサイドで思うようにタメを作れない。
柿谷は終始ゴールを背にしてボールを受けて前を向いたプレーがなかなか出来ない。
山口螢は持ち味の運動量を活かす場面が減り攻撃参加の回数がめっきり減ってしまった。

中断前の好調のシステムからあえて変えないといけなかったのか。
クルピのことだからこれが次第に機能し始めるのかもしれない。
柿谷がハードにマークされているなかで、
本当のワントップとして結果を残し始めるかもしれない。
山口螢が代表に向けアピールしやすいボランチで安定するかもしれない。

おそらく行われるだろう夏の補強があった場合、
また新たなシステムになる可能性は高い。
上位進出を狙うチームとしては、
いくらモチベーションが高くても17位のチームにアウェイとはいえ引き分けは良しとは出来ない。

あまりにも失点する展開がお粗末すぎたので不安といらだちが募る。
そういうことを考えると前のシステムで戦ってほしかった。
柿谷の裏抜け、シンプリシオの前線への攻撃参加、
右サイドでの山口螢の攻守に渡る貢献。
これらの良さを消してまで変更しないといけないとは思えない。

ただおそらくこのシステムで南野拓実は覚醒する。
左サイドからゴール前に顔を出す場面が多くなるだろう。
この2試合でいずれもゴールを決めた。
これからどんどん結果を出していくはず。
それが出来るようになると柿谷のマークも薄くなりもう少しプレーしやすくなりそう。

連戦が続く7月前半、
南野の覚醒に注目して見て行きたい。

→ コメント(0)タグ :

喝!

2013年06月24日 · セレッソ, レビュー

ナビスコカップ決勝トーナメント 1stleg
セレッソ大阪 0-2 浦和レッズ

日本代表の低調な試合をみて絶望しつつも、
セレッソの試合はもっと楽しいねん、おもろいねん、と
自分に言い聞かせながらこの一ヶ月を過ごしてきた。

そしてその想いは思い切り裏切られた。
寝ぼけてたらあかんぞ!って強烈にビンタをくらった気分になった。

ここからは結果論になるが、
この一ヶ月を本気でタイトルを狙ってたチームと、
口ではタイトルとは言いながらも、全くそのための準備も対策もしてこなかったチームの差がはっきりした試合だった。

もちろんオフ返上でキャンプを張って対策するべきだった、とは言わない。
好調ながらも疲労は見えていたし、
好調を維持しつつリフレッシュが可能だろうと思ってしまったのも事実だ。
でもそれは一サポーターの立場であってクラブスタッフがそれで良かったのだろうか。

その結果は90分間ピッチで如実に表れていた。
相手の出足の良さ、動きの質は臨戦態勢そのもの。
それに対してセレッソは出足は鈍く、判断も遅い、挙句にパスミス連発。

浦和レッズは強かった。
それ以上にセレッソがダメだった。
前半終了後のブーイングも当然。
試合終了後のブーイングも当然。
この試合でナビスコカップが終わるわけでないので、
次の試合へ向けてバモセレッソを唄うのも当然。

こんな試合で観客すべての意識が統一出来る訳じゃない。
いろんな感想をもっても仕方ない。
でもこれで終わった訳じゃない。
ホームで0-2で負けたということは、
アウェイで3-0で勝つこともある。

腑抜けた状態に喝を入れられて、
一週間でどこまで立て直せるのか。
タイトルって上辺だけで口に出しているのか、
選手だけじゃなくセレッソというクラブ全体の本気度が問われる。

こちらも全力で応援するしかない。

→ コメント(0)タグ :

タフなゲーム

2013年05月26日 · セレッソ, レビュー

セレッソ大阪 2-1 名古屋グランパス

名古屋は調子が良くなかった。
結局いつものパワープレイで失点はしたものの、
それまでの時間帯は全く怖さがなかった。

それでも相変わらず個々の選手のフィジカルはすごいし、
油断は全く出来ない相手にも関わらずきっちり勝ち切れたのは大きい。

セレッソはフィジカルゴリ押しや前線からの激しいプレスをしてくるクラブに対し、
伝統的に相性が良くない。
それが今シーズン少しずつ耐えられるようになってきたように感じる。
この試合でもガツガツあたって来られる相手守備に対し、
簡単に転がることもなく球際で粘れるようになってきた。

綺麗なサッカーだけでは勝てないのはACL始めこれまでも散々危険している。
テクニックのある選手たちがこれまで手こずってきたパターンに、
ユース出身の若い世代の選手たちが対応出来るようになってきた。

どちらかと言うとタンパクだったセレッソのサッカーが泥臭くなってきた。
最終的に試合を決めるのは柿谷の常人離れしたテクニックであったり、
これまでのセレッソのサッカーだったりする訳だけれど、
タイトルを狙うために勝ち点3を取り切るためにこのようなサッカーが出来るようになったのは大きい。

その点では先のナビスコ鹿島戦でエジノが得点をしたのは大きかった。
フィジカルで名古屋のDFに対抗できるエジノが先発で使えたこともこの試合のポイントだった。

躍進した2010年シーズンでも名古屋に勝てると思えなかった。
トゥーリオと増川の巨大なCB、
それをくぐれても楢崎の壁が待ち構えている。
それほどだった名古屋の衰えに時間の流れを感じるし、
セレッソの成長も同時に感じられた。

これで5月負けなしで1ヶ月の中断に入る。
この流れを切ってしまうのはもったいないけれど、
しっかり休養を取ってナビスコ決勝トーナメントに備えてほしい。

負けないチームから勝ち切るチームへ。
本当にタイトルを狙うならこれが出来ないと話にならない。
少しずつ片鱗は見えてきた。
少しは良い気分でW杯予選を見られそうだ。

→ コメント(0)タグ :

Ads by Sitemix